アリキリの成功するマンションリフォーム

ヘッドインフォメーション2-5


フルリフォームキャンペーン

防音床の種類と構造・・・

防音フローリング

既存のカーペットの床などをフローリングに変える場合に
用いられるのが防音フローリングです。

標準ヘッダー画像

 

フローリング材の裏面には3〜4ミリのクッション材
貼ってあります。(*右側防音フローリング断面写真)
全体の厚みは12ミリ程度です。
性能基準はLL30〜LL55に区分されています。

 

一般的に使用されているものはLL45又はLL40です。
LL40の方が防音性能がよく、その分価格も高くなります。
どれを使用するかはマンションの管理規約で定められています。

 

防音フローリングの効果軽騒音と言われる通常の歩行音や
軽い物を床に落とした際の音で、人が飛び跳ね様な振動音には
効果がありません。

 

足音に対するの防音を言葉で表現すると、
LL45・・・聞こえるが気にならない程度
LL40・・・ほとんど気にならない
と言った感じです。

標準ヘッダー画像

 

防音フローリングは構造上、板部分ではなく、
クッション材を接着材で床に固定します。
結果的にフローリングは浮いている状態になりなす。
その為に歩行の際には床が少し沈みます。

 

又、上記の構造上、湿度による伸縮も一般のフローリングより
大きく、板の突きつけ部分(サネ)に隙間が出来たり、
せり上がる、と言うような現象が起きやすくなります。

 

尚、キャスターイスは絶対に使用しないで下さい。
数年でフローリングが剥がれてきます。

 

その他、部屋の入口部分など、際ではフローリングが動く事で
枠材と擦れる音が出たりすることもあります。

 

防音フローリングは上記の構造により、使用上や施工に関して
色々と難しさがある商品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防音置き床

標準ヘッダー画像

防音置き床は防音フローリングとは違い、フローリングを張る
下地板を支える脚の部分に防音ゴム材を取付けています。。

 

下地材はパーティクルボードと言う、木材の小片を接着剤と
混合し、熱圧成型した板で、20o程の厚みがあります。

 

防音置き床の場合には置き床自体に防音性能があるので、
一般のフローリング材を使用する事が出来ます。
この場合にはフローリングの板部分を直接下地に固定するので
防音フローリングで起こりがちな問題も減少します。

 

又、置き床とフローリングの間に遮音シートを入れたり、床スラブとの間に
吸音材を入れる事で推定LL35程度まで防音性能を上げることも出来ます。

 

但し、この工法は床の下地をやり替える訳ですから、
比較的大規模なリフォームに適しています。

 

問い合わせボタン

知ってバナー


ビフォーアフター(マンション) リフォーム費用 社長・スタッフ紹介 お客様の声 リフォームのポイント アリキリとは お問い合わせ